スギブロ

  • コラム

お酒に強くなりたいと思いますか?

杉山雅一
更新日

暑い日の仕事が終わり会社帰りの居酒屋や家庭の食卓での冷えたお酒の一杯に至福のひと時を感じる人は今の時期とっても多いのでないでしょうか

特に居酒屋などでは気の合う仲間や先輩たちと飲みニケーションの場で盛り上がりついつい飲み過ぎてしまうコトもありますよね

この飲み過ぎって感覚は人によって適量と感じるお酒の量が違うために人それぞれです

そのために少量でも飲み過ぎと感じる人もいます
はたまたお酒自体が苦手な人もいます

それでは突然ですが質問です!

あなたがもしお酒が少しの量で酔ってしまう人
もしくはお酒が全く飲めない人だとして・・・

お酒にもっと強くなりたい!
お酒を飲めるようになりたい!
と思いますか?

たぶんだいたいの方が「YESと答えるでしょう

かく言う私もそうでした

人よりもお酒の量を飲めたらカッコイイだろうとか色々なお酒をたくさん味わってみたいという好奇心など若い頃はそれなりにお酒に強くなりたいと思ってました

量をこなせば強くなるんじゃないか?
という妄想を繰り返しながら

でもコレって人に迷惑をかけてしまうコトが多々あるんです

今の私が言えるコトとして・・・

お酒に強くなりたいと思わないでください!

今のままでイイんです!!
飲める範囲以内を楽しく飲めればそれでいい
無理して苦手なお酒を飲まなくてもいい

そう言いきる根拠としては
そもそも人によってアルコールを分解できる働きが違うんです

アルコールが人間の体内に入るとアセトアルデヒドという物質にかわりますこの成分が頭痛や吐き気などの悪酔いを引き起こす原因になります

世の人それぞれにこのアセトアルデヒドを分解しやすい人分解しにくい人がいるコトが近年の研究でわかってきています
その中で特筆するのが私たち日本人や中国人韓国人などモンゴロイド系の人間はもともと体質的にアルコール分解能力が低い人が多いそうです

しかも遺伝的なモノなので訓練しようがどうしようがもともとアルコールを受け付けない人はそのままの体質は変わりません

そんな人が無理に飲酒すれば極めて危険な事になりかねないので要注意です

だからぜんぜんお酒が苦手だからといって気負いするコトもないんです!

お酒が苦手な方は飲み会でのお酒だけに固執するのではなく誰とどのようにその場の雰囲気を楽しむか?をよく考える方が重要に思います

飲める人も飲めない人への配慮はもちろんのコト飲酒の量のバランスは十分に考えて素敵な飲食の場素敵な仲間との場を有意義に楽しんでみてはいかがですか?

すべては健康という名の食生活の中・・・
お酒はバランスが命の飲み物で食事とのバランス気持ちのバランス量のバランスなどなどトータルバランスが取れた時にはじめて百薬の長といわれるモノに変わるのではないでしょうか

 

応援よろしくお願いします!

書いている人

4代目店長
きき酒師/シニアワインアドバイザー
杉山 雅一(すぎちゃん)

高級食品スーパー勤務を経て杉山商店4代目社長に就任日本酒・ビール・ワインありとあらゆるお酒をたしなむ趣味はカメラ愛機はSONYα7III)。特に富士山の写真を撮るのが大好き

プロフィール

頂き物の #山本食品 さんの「大人用わさびと味噌の本格ディップ」を乗せた蒲鉾を肴に日本酒で乾杯! ワサビと味噌のバランス良い風味が洋風にアレンジされたテイストにマッチしていて飽きの来ない旨さ♪言わずもがな日本酒ともバッチリ。一日の終わりの晩酌が美味しい癒しのひと時に。ご馳走様です!