スギブロ

  • 日記
  • 伊豆の巨峰酒

「伊豆の巨峰酒」誕生への道

杉山雅一
更新日

ブドウの王様といえば巨峰」、日本全国どこの果物屋

スーパーにも売っている巨峰」。

実はその巨峰の生まれ故郷「伊豆である事は

ご存知ですか?

意外と知られていないこの事実

巨峰のふる里

伊豆市年川にある記念碑

ちなみに同じブドウの品種であるピオーネ

生まれ故郷はここ伊豆です!

 

気候や土壌が適している山梨県や長野県の生産量が

多いのでそちらの発祥のイメージが強いのもうなずけます

 

しかしこの偉大なブドウ品種のふる里である伊豆

どうしたらより知っていただけるのか僕なりに当時色々と考えてみました

もうカレコレ10年以上前の事ですがお話しさせてくださいね

 

巨峰の生産量から見ても伊豆では生産者の数が現在非常に少なく

明らかに収穫量に関わるPRは不可能です

また巨峰は生で食べていただくのが一番美味しいのですが

保存もできないので1ヶ月足らずの短い旬の間しか食べることはできません

そこで!自家農園巨峰を使った日持ちのするオリジナル商品の開発を思い立ちました

伊豆は日照時間が比較的長く平均気温が高いので

見てくれこそ良くありませんが非常に甘くてジューシーなのが特徴です

我が家の自慢の巨峰

 

そんな美味しさには絶対の自信のある巨峰を使って

何を作ろうか酒屋としての答えは1つ

お酒にしよう!と♪

 

美味しさには絶対の自信のある巨峰を使って何を作ろうか

酒屋としての答えは1つ

お酒にしよう!

 

以前からお世話になっているお隣の伊豆市にある

万大醸造の酒造技術・開発を指導していた今は亡き佐々木さんに

無理を承知でお願いしたところ特別に試作品を

造っていただきました

巨峰酒の試作品

 

コンセプトは「巨峰本来の風味」、造りはできるだけ自然に

無着色・無香料でもちろん漬け込む焼酎も伊豆の米焼酎を

主に使用しました

何度となく味の調整や失敗を繰り返し・・・

現在の味を出すのに2年かかり・・・構想から4年経ってのことでした

やっと満足のいく美味しい巨峰酒が出来上がりました

伊豆の巨峰酒の瓶詰め

町の酒屋が「自分の畑で作ったブドウで酒を造る という

全国でも極めて珍しい試みであろう醍醐味を味わって

いることに非常に幸せに感じました

 

また自分が一生懸命に企画・開発した商品に対して

お客様が美味しかったよ!と言っていただく一言が

いまでもたまらなく嬉しく感じます

伊豆の巨峰酒

また巨峰の生みの親である大井上康博士の偉大なる

功績を多くの方に知っていただきたいと思います

そして開発してくださった故:佐々木さんへ感謝の気持ちを捧げます

今年も美味しい巨峰酒が出来ました!

多くの方に味わっていただけたら幸いです

詳しくはコチラの記事をご参照ください!

伊豆の巨峰酒いよいよ解禁!

さらにダイレクトにネットでご購入の方は

専用の販売サイトもございますので下の購入ボタンからご覧になってください

 

当店の伊豆の巨峰酒でステキな晩酌を楽しんでいただけますように♪

応援よろしくお願いします!

書いている人

4代目店長
きき酒師/シニアワインアドバイザー
杉山 雅一(すぎちゃん)

高級食品スーパー勤務を経て杉山商店4代目社長に就任日本酒・ビール・ワインありとあらゆるお酒をたしなむ趣味はカメラ愛機はSONYα7III)。特に富士山の写真を撮るのが大好き

プロフィール

頂き物の #山本食品 さんの「大人用わさびと味噌の本格ディップ」を乗せた蒲鉾を肴に日本酒で乾杯! ワサビと味噌のバランス良い風味が洋風にアレンジされたテイストにマッチしていて飽きの来ない旨さ♪言わずもがな日本酒ともバッチリ。一日の終わりの晩酌が美味しい癒しのひと時に。ご馳走様です!